【動画で見る】一人で出来るむくみ改善体操|整骨、整体、マッサージ。あなたの街の治療院がみつかる情報サイト | ヘルスケア セラッピー

治療院の掲載料0円

多種多様な『鍼』!鍼治療に抵抗がある方は必見です。

まだ鍼灸院で治療を受けた事の無い人は、鍼治療と聞くとどういったイメージをお持ちでしょうか。
「痛そう・・・」「こわい・・・」などなど。

筆者も実際に鍼治療を受ける前はそうでした。
これは「鍼」=「刺す」=「痛い、怖い」という連想が自分の中でされていたからだと思います。

仕事柄デスクに座りっぱなしが多い筆者は慢性的な腰痛持ち。
今までマッサージなどを受けてはいたものの、一時的なものだったり、あげくには忙しさにかまけて通わなくなったりと腰痛は悪化するばかりです。

腰痛や肩こりに鍼が効くという話は聞いていたものの先述した先入観が邪魔をして、受けた事はありませんでした。

ある仕事帰り、近所に鍼灸院がオープンしているのをみつけた筆者は、勇気を出して受けてみる事にしました。
(正直怖かったので、いざとなったら治療を中止してもらおうと思ってました。)

結果から言うと、痛みもほとんど感じず、抱いていた先入観はどこかへふき飛んでいきました。
また、治療をしてくれた鍼灸師の先生もとても親切で鍼に関する様々なお話しをしてくれました。
特に驚いたのは、鍼には様々な種類と用途があり、鍼の形状によっては全く「刺さない」治療法もあるという事。

今回は鍼治療に興味はあるけど、治療を受けるための一歩を踏み出せないという人に向けて、鍼にはどのような種類、用途があるのかをご紹介していきます。

※今回の鍼の情報は「鍼灸用品」と検索したら1位に出てきた、メイプル名古屋さんのサイトを参考にさせて頂いています。
メイプル名古屋公式サイト

鍼治療といえば思い浮かべる「ディスポ鍼」


ディスポとはディスポーザブル(disposable)の略で、

従来は消耗品を交換したり洗浄したりして繰り返し利用していた同等品に対して、
使用後に捨てることができる(あるいは捨てなければならない)製品の差別化戦略のためにそう呼ばれる。

引用元:wikipedia「使い捨て」



との事、
つまりディスポ鍼とは「使い捨ての鍼」という事になります。

筆者の治療で先生が使用したのはこのディスポ鍼です。
1mmにも満たない極細の鍼で、刺した感触としては痛みというよりも筋肉が刺激されているような感覚でした。

先生曰く、
「使い捨てなので、衛生面の安全が担保される」との事。
もちろん鍼だけでなく鍼を置く台や先生自身の手、患者の治療箇所なども清潔にして使用する事が前提です。

筆者が感じた刺激については「響き」と言うらしく、ツボを刺激しているために起こる現象との事。
いわゆる心配をしていた「痛み」というものは感じませんでした。


岩盤浴

鍼灸針トップシェア!
セイリンディスポ鍼 Jタイプ (100本入り)
定価1,800円→1,000円(消費税込:1,080円)
♦セイリンJタイプの鍼柄は軽く使いやすいプラスチック製です。
♦鍼管と鍼柄を超音波で溶着。使用済み鍼と未使用鍼の混同を防止できます。
♦鍼管と鍼柄は片手で容易に取り外しできます。
♦鍼管の角が丸いため、患者様への不要な痛みなどが避けられます。

引用元:セイリンディスポ鍼 Jタイプ (100本入り)




シール感覚!痛みを感じない「円皮鍼」


通常の鍼と違い、丸いシールの形状をしており、中心に小さい鍼がついています。
実際にシールのように貼って使用する事からシール鍼とも呼ばれるそうです。

鍼は短く細いので、痛みは通常感じる事はないとの事。

鍼治療は鍼師の国家資格を持った人しか行えないのですが、この円皮鍼は自分自身でも使えるとの事です。

有名な人だと男子フィギュアスケートの金メダリスト羽生結弦選手が使用しているみたいですね。

忙しくてなかなか治療院に通えないという人には最適です。

岩盤浴

【セイリン】パイオネックスゼロ (100本入り)
定価2,000円→1,600円(消費税込:1,728円)
「パイオネックス」シリーズから、皮膚に刺入しない接触タイプの「パイオネックス・ゼロ」が新登場。
鍼先がない、押圧による刺激ですので、患者様のセルフケアにも安全にご利用いただけます。

【治療後のケアにも最適】
刺入タイプのパイオネックスでは、貼ったまま患者様を帰宅させるのに不安を感じられるという声がありました。
パイオネックス・ゼロなら刺入しない接触タイプなので安心です。

【幅広い患者様にも安心】
幼児や今まで鍼を怖がっていた患者様にもアプローチでき、施術対象の幅を広げることができます。
パイオネックス・ゼロから従来の刺入タイプのパイオネックスへの移行も期待できます。

引用元:【セイリン】パイオネックスゼロ (100本入り)


こどものための鍼治療。「小児鍼」


小児鍼は生後1ヶ月~12歳に対象に行う治療名です。

鍼という名称がついていますが、実際は「刺さない」治療です。

先端が丸い鍼や、バチのような形状の鍼で、やさしく撫でるように治療を行います。

そうすることで精神的にリラックスし、おねしょや夜鳴き、かんの虫の改善がされるんだとか。

先生曰くこの撫でられている感じが、お母さんの手の感触に似ていて、それでリラックス効果が生まれるとの事。

岩盤浴

刺さない鍼
バチばり
定価750円→700円(消費税込:756円)
♦瀉針、掻く、さする。
♦触れたり、さすったりして使用します。
♦材質:真鍮
♦長さ:38mm

引用元:バチばり




セルフケアや美容に!「ローラー鍼」


その名の通り、ローラー状になっている鍼で刺さない鍼です。

血行を増進させたり、筋肉をゆるめる効果が期待できるとの事。

形は最近はやりの美顔ローラーに似ています。

岩盤浴

大人気!ローラー鍼
定価1,500円→1,280円(消費税込:1,382円)
ローラー針【強】
♦擦過針、強刺激
♦長さ75mm
♦巾24mm
♦φ14mm
ローラー針【弱】
♦擦過針、弱刺激
♦長さ68mm
♦巾24mm
♦φ14mm

引用元:ローラー鍼


是非一度鍼灸院へご相談を!

治療でオーソドックスに使用される鍼と、自分自身で使用できる鍼を中心にご紹介しました。

調べていくと、鍼は奥が深く、この他にも美容に良いとされる「電子鍼」や、刺さずに叩いて刺激する「集毛鍼」など沢山の種類がありました。

筆者は、今回先生から鍼に関する事を詳しく聞く事ができたので、通院前に持っていた「怖い」という感覚は無くなりました。

鍼灸治療を受けてみたいと気にはなっているけど、「怖い」などの先入観で踏みとどまっている方は一度相談だけでもしてみたらいかがでしょうか。

ほとんどの鍼灸師の先生は患者様の状態や要望に合わせた治療の提案をしてくれるはずですよ。



その他の特集記事はこちら