【健康コラム】“光老化から肌を守ろう”紫外線対策のポイント|整骨、整体、マッサージ。あなたの街の治療院がみつかる情報サイト | ヘルスケア セラッピー

治療院の掲載料0円

【健康コラム】“光老化から肌を守ろう”紫外線対策のポイント

毎年ゴールデンウィークになるとそろそろ紫外線が気になります。5月から8月ころまでは1年のうちで紫外線の量がもっとも多くなる時期です。紫外線対策、していますか?

注目され始めた“光による老化”

映画館


「しみやしわは年齢を重ねることで起こる」そう思っていませんか。

 
実は、お年寄りの肌に見られるしみやしわは、歳をとっただけで起こったものではありません。かなりの割合で、紫外線の影響を受けているのです。現に、日の光が当たる機会が少ないふとももの内側などは色が白く、手や顔に見られるような深いしわはありません。このような光による肌の変化を光老化(ひかりろうか)といいます。

 
普通の老化では身体の生理的機能が損なわれていった結果、皮膚の厚さや色が薄くなる方向へと向かいますが、光老化では紫外線によって傷つけられた結果、逆に皮膚は厚くゴワゴワになり、色が濃くなります。このことからもわかるように、私たちが見た目で感じる肌の年齢は、光老化の影響をとても大きく受けています。

 

○しみができる仕組み

一度にたくさん日焼けをすると、やけどのような炎症を起こして有害です。このようなダメージから身体を守るため、表皮にある色素細胞は黒っぽい色素のメラニンを作り、周りの細胞に渡しています。いわば、自前の日傘を皮膚の上に作ろうとしているのです。ところが、過剰に日焼けをするとメラニンが大量に作られて、表皮の中にたまってしまいます。これが黒っぽいしみになってしまいます。

 

○しわができる仕組み

表皮よりも下にある真皮では、コラーゲンとエラスチンという繊維が張りめぐらされて肌の弾力を保っています。こうした繊維が紫外線によってダメージを受けると本来の機能を失って肌がたるみ、深いしわとなって刻まれてしまいます。

 
しみとしわができる仕組みを簡単に説明しましたが、歳をとっただけではこのような変化は起こりません。加齢による老化に上乗せされて起こる変化が光老化の大きな特徴なのです。


年間を通して紫外線対策を!


光老化を防ぐには、なによりもまず紫外線から身を守ることが先決です。男性はケアしない方が多いようですが、しみやしわを予防したいのなら紫外線対策として1年中日焼け止めを塗ることをおすすめします。

 
冬の間は紫外線が夏の半分以下になっているとはいえ、ゼロになるわけではありません。例えば、次のグラフは2017年の茨城県つくば市の紫外線レベルを表したものですが、5月から8月ごろがもっとも多いということと、冬の期間であってもまったくなくなるわけではないということがわかります。

 

座席

気象庁のデータUVインデックス(観測値)

 
曇りの日や雨の日にも油断はできません。6月中旬から7月上旬にかけては梅雨に突入してぐずついた天候が続いているはずですが、それでも紫外線は高いレベルを維持しています。紫外線の大部分は雲なんてお構いなしに通り過ぎて容赦なく地上に降り注ぎ、ガラスをも通ってしまいます。ですから、天気や季節にはあまり惑わされずに、肌の保湿と同じような感覚で常に気をつけたいものです。

 
また、雪の多い地域では、雪面からの照り返しでむしろ紫外線量が多くなっています。紫外線対策は夏だけのものだとは思わずに、年間を通して紫外線を避けるライフスタイルを考えていくことが大切です。

 
オーストラリアは日本に比べて晴天率が高いことに加え、上空のオゾン層が薄い状況がしばしば現れることから、日本人に比べてうんと紫外線の害に対して敏感です。白人はアジア人に比べて皮膚がんの発生率が高いということも影響しているのでしょう。

 
そのオーストラリアでは、紫外線対策の標語として「SLIP / SLOP / SLAP / WRAP」という合言葉が有名です。意味は「長袖シャツを着る、日焼け止めを塗る、つば広帽子をかぶる、サングラスをかける」で、どれも直射日光から身を守るために欠かせません。

 
日本でも紫外線対策への関心は徐々に高まってきていますが、とくに男性や子どもの間では十分とは言いがたい状況です。紫外線の怖いところは、今はちょっとした日焼け程度であっても、皮膚の深いところにダメージが蓄積した結果、歳をとってから光老化として現れてしまうことにあります。将来後悔したいために日焼け対策は十分になさってください。


その他の特集記事はこちら