一日の終わりに体をリセット!肩こり・腰痛に効果抜群なお風呂の温度とは|整骨、整体、マッサージ。あなたの街の治療院がみつかる情報サイト | ヘルスケア セラッピー

治療院の掲載料0円

一日の終わりに体をリセット!肩こり・腰痛をサッパリさせるお風呂の温度とは

普段入るお風呂をあなたは何度に設定していますか。
実は、お風呂は設定温度によって体に与える影響が全く異なります。
浴槽にざぶんと入れば何℃でも関係なくリラックス……、というほど単純なものではありません。適切に利用すれば、肩こり・腰痛・眼精疲労にも効果が期待できるという奥の深い「湯加減」。今回の記事では、微妙な温度に隠された秘密をリサーチしました。

疲れを取るなら「ぬるめ」にすべし

入浴


日本人が最も好むのは39℃~42℃の温浴。平均値は41℃ともいわれています。ところが、肩こりや腰痛の緩和を目的とした温浴治療を行おうと思ったら、もう少しぬるめの設定がおススメなんです。

温浴は温度によっていくつかのタイプに分類されています。

最も刺激が強いのが水温42℃以上の「高温浴」。多くの人が熱いと感じる刺激の強い水温は、交感神経を刺激して身体を目覚めさせるのに適しています。つまり、出勤前のひとっ風呂にピッタリ!

次に多くの人が設定している水温39℃~42℃は「温浴」。交感神経と副交感神経をバランスよく刺激しながら体を温めるため、心地よい快適さを得られる温度です。程よく体力が消耗されるため、入浴後にはぐっすり眠ることができます。

少しぬるめと感じる人が多い37℃~39℃の「微温浴」では、さらに刺激がマイルドに抑えられ、副交感神経が優位になります。緊張がほぐれやすく、肩こりや腰痛の緩和に最も効果的なのがこの温度です。さらに、目の周囲でも血行が活発になりので、眼精疲労の緩和につながります。

そして、熱くも冷たくもない35~37℃。「不感温浴」と呼ばれていて、ほぼ体温と同じ温度。身体のエネルギーをほとんど消費しないので、長時間浸かっていても「お風呂疲れ」を起こしづらいのが特徴です。リラックス効果が非常に高いと言われており、近頃話題となっています。

温浴の温度分類

35℃~37℃ 不感温浴 足のむくみ・鎮静 長湯に適す
42℃~ 高温浴 目覚まし 5分程度が適当
39℃~42℃ 温浴 快眠 10分程度が適当
37℃~39℃ 微温浴 肩こり・腰痛・眼精疲労 15分程度が適当


お湯の温度が高ければ高いほど、心肺機能に大きな負担がかかります。体温よりも高いお湯に皮膚が触れると、心拍数が上昇して血圧が上がるため。だから「熱いお湯」は長湯に適しません。「高温浴」は5分程度、「温浴」は10分程度が適切な入浴時間だとされています。血行や代謝を促進するためには、10分から15分はお湯に浸かって体を温めるようにしましょう。

ただし、その際に、気を付けなければならないのが脱水症状です。
41℃のお湯に15分浸かると、驚くべきことに800mlも汗をかきます(※)。水分とともに電解質も体から失われます。入浴の前後には、スポーツドリンクなど、ミネラル分も同時に摂れるものを飲むようにして、十分な水分補給を欠かさないようにしましょう。

また、入浴直後は血流が良くなるため、消化に必要な血液が十分確保できません。つまり、人によっては消化不良を起こすことがあります。入浴の前後30分は食事を控えることを心がけましょう。

(※)大塚製薬佐賀栄養製品研究所データ(2010)


銭湯は利用価値が高い

あひる

最近はめっきり少なくなりましたが、肩こり・腰痛の解消のために銭湯はぜひとも利用したいところ。その理由として、銭湯には様々なタイプのお風呂が用意されていて、温度調節が容易に出来るからです。

例えば、炭酸泉(ラムネ泉)は二酸化炭素が溶け込んだお湯。シュワシュワの気が抜けるのを防ぐため、温度は36℃程度とぬるめのものが一般的です。皮膚から取り込まれた炭酸ガスは血管を拡張する作用があるため、通常の不感温浴よりも血の巡りが良くなり、体がポカポカに温まります。

ほかにはバスジェットもおススメ。肩や腰へのマッサージ効果のほか、噴射された小さな気泡がはじけるときに生じる超音波の作用で、通常の温浴ではなかなか熱が伝わらない体の深部まで温熱効果が届きやすくなります。


おしまいに、各温度帯の効果を最大限に発揮する入浴法を紹介しましょう。

心肺機能への負担を軽減するため、まずはぬるめのお湯で体を慣らします。

体が火照ってきたら、徐々に熱いお湯に移り、

締めには再びぬるめのお湯に浸かって、体を落ち着かせる。

一見当たり前に見えるこの流れ。しかし、多くの人がシャワーを浴びた後は最初に熱めのお湯に向かってしまうのではないでしょうか。
それを抑えて、徐々に熱いお湯に体を慣らしていくことが、肩こりや腰痛には非常に効果的です。もし今後銭湯に行く機会があれば是非お試しください。

その他の特集記事はこちら