肩こりもみるみる解消!朝一のラジオ体操で健康生活を!|整骨、整体、マッサージ。あなたの街の治療院がみつかる情報サイト | ヘルスケア セラッピー

治療院の掲載料0円

肩こりもみるみる解消!朝一のラジオ体操で健康生活を!

♪あたらしい朝が来た 希望の朝だ

聞き覚えのある音楽。
子供のころ誰もがやったことがあるラジオ体操です。

実は今、ラジオ体操は肩こり解消や運動機能向上に効果的な体操だと注目を浴びています。
「いつでも」、「どこでも」、「だれでも」がコンセプトのラジオ体操。
その効果やいかに!?

ストレスを感じる女性

昔懐かしラジオ体操第1!

眠たい目をこすりながら公園に集合した夏の日の早朝。
みんなで行うのはもちろんラジオ体操です。
当時はどうしてせっかくの夏休みにこんな行事があるのかと思いましたが、長期休暇で生活のリズムが乱れないようにという配慮で広まったそう。
生活が乱れがちな大人になったからこそ分かる、親心だったんですね。(しみじみ)

ラジオ体操は1951年、老若男女を問わず、誰でもできる体操として考案されました。
全国の公園で広く行われているラジオ体操第1の中で行う運動は全部で13種類。
動きの詳細はこちらでご確認ください。
http://www.jp-life.japanpost.jp/aboutus/csr/radio/abt_csr_rdo_dai1.html

ラジオ体操は、3分ほどの短い時間で、全身をまんべんなく動かせるように必要な運動を組み合わせて作られています。
全国ラジオ体操連盟のHPには、以下のような耳より情報が掲載されています。

日本体育大学の浅岡直美さんの「ラジオ体操についての一考察」によると
「十三種類の運動によって全身を動かし、ふだんの生活では使用しない筋肉や関節、骨に影響を与える。
特に筋肉や関節を十分動かすことによって柔軟性の向上、血行増進からの肩こり、腰痛の予防・回復を期待することができる。」

さらに、神奈川県立保健福祉大学、健康サポート研究会の調査では、次のような注目の調査結果も!

毎日ラジオ体操を実施している高齢者は、男女ともジグザグ歩行と握力において特に優れ、身体の筋肉を使用する動作に優れていた。

たった3分の運動が生涯にわたって体にとてもいい影響を与えることが明らかになっています。

ラジオ体操の中でも目立つのは肩を大きく回したり、体の周囲を伸ばす体操。
運動不足に陥りがちな肩の周辺や体幹の筋肉を、効率的に動かすことができるのです。
つまり、肩こり・腰痛・転倒防止にとても効果的。
また、ラジオ体操のカロリー消費量は速いペースのウォーキングとほとんど同じ程度だとか。

ラジオ体操は大人になった今だからこそ、毎日実践したい体操だといえるでしょう。
しかも一回、たったの3分!
時間がないのは言い訳になりませんよ!

注射器

ステップアップ!ラジオ体操第2

どうですか?ラジオ体操第1。
体を動かしてみると気持ちがいいもんでしょう!
すがすがしい朝、たった3分で体操を終えてしまうのももったいない。
すかさずラジオ体操第2を始めましょう。

知る人ぞ知るラジオ体操第2。
ラジオ体操第1が「いつでも」「どこでも」「だれでも」できるように考えられた体操なのに対して、ラジオ体操第2は職場向けに考案されたんだそう。
働き盛りの人向けに、内容もアップテンポで運動量の多いものになっています。
ラジオ体操第2もラジオ体操第一と同様、全13種類の運動でできています。
詳細はこちらをどうぞ。
http://www.jp-life.japanpost.jp/aboutus/csr/radio/abt_csr_rdo_dai2.html

ラジオ体操第1と第2。
合計6分ほどの運動ですが、かなり充実した内容です。
肩こりや腰痛など体の不調がある人は、ぜひとも毎朝継続しましょう。

なんと、実はラジオ体操には幻のラジオ体操第3も存在します。
ラジオ体操第3は昭和21年から一年半だけ放送されたものだそう。
前屈と肩の回転に重点が置かれた、ラジオ体操第2と比べてもさらに少しハードな内容です。
今でも紹介動画を見ることができるので、興味がある人は挑戦してみてはいかが?

ストレッチ

時代を超えて愛されるラジオ体操

現在広く行われているラジオ体操第1は1951年に考案されたものですが、実はこれは3代目。
そのルーツはさらに1928年までさかのぼります。
昭和天皇の第一皇女、成子内親王も愛聴していたようで、当時担当していたアナウンサーはかしこまって燕尾服の蝶ネクタイで放送していたという逸話も。
その後、第二次世界大戦の影響でいったん中断。
戦後の1946年には「新ラジオ体操」の放送が始まりましたが、こちらは浸透しませんでした。
イメージを一新し、老若男女に愛される体操として始まった3代目、「ラジオ体操第1」は全国で広く浸透し、現在まで続いています。
ラジオ放送の「みんなの体操」は1928年から続く超長寿番組。
戦争で中断した時期もありますが、「気象通報」や「株式市況」とならんで最長寿番組の一角です。
気象情報や株式相場の重要性は言わずもがな、体操もそれほど重要で親しまれているものなんですね。

NHKの放送時間はEテレの6:25~6:30。
ゆったりとしたテンポで全身を動かせる「みんなの体操」とともに、ラジオ体操第1と第2が隔日ごとに放送されます。
NHKラジオではラジオ第1で6:30~6:40分。
ラジオ第2では12:00~12:10にも放送されています。
詳しくはそれぞれのホームページでご確認ください。

何となく体を動かすのではなく、ひとつひとつ正しい動作を意識しながら体操を行うことで初めてラジオ体操本来の効果が発揮されます。
さあ、一日の初めに体を動かして、希望の朝を迎えましょう!

その他の特集記事はこちら