【動画で見る】一人で出来るむくみ改善体操|整骨、整体、マッサージ。あなたの街の治療院がみつかる情報サイト | ヘルスケア セラッピー

治療院の掲載料0円

ズキンズキンと痛む片頭痛

ズキンズキンと脈拍に合わせて痛む片頭痛。

日本頭痛学会によると、3日間も痛み続ける方もいるようです。

日常生活に支障をきたすほどつらい症状である「片頭痛」の対策について紹介します。

頭痛の女性

頭がズキズキ・目がチカチカ-偏頭痛の症状

片頭痛の原因はまだ解明されていません。

しかし、さまざまな神経物質が作用して痛みを引き起こしているようで、脈打つような痛みが数時間から数日間も続くのが代表的な症状です。

「片」頭痛という名前ではありますが、片側だけではなく、頭の両側が痛む場合も多く、頭や体を動かすことで痛みが増強し、吐き気なども催すことがあるため日常生活に支障をきたします。

大きな特徴として、片頭痛には症状が現れる前に予兆や前兆を伴うことがあります。
視野の中にギザギザとした歯車のような光が見られたり、脱力感や痺れを感じたりすることもあります。
日本では成人の8.4%、800万人以上が片頭痛を持っているといわれています。

(参考:日本頭痛学会「片頭痛」)

(参考:日本頭痛学会「慢性頭痛の診療ガイドライン2013」)

一方、同じように頭痛やめまいが生じるものに「緊張型頭痛」と呼ばれるものがあります。
もっとも多い頭痛はこの緊張型頭痛ですが、こちらも原因は解明されていません。
緊張型頭痛は片頭痛とは異なり、階段の上り下りなどの動作で強くなるといったことはなく、吐き気を伴うことがないのが特徴です。

リラックスする女性

偏頭痛の予防と対処

片頭痛を引き起こすきっかけは天気の急激な変化や、騒音など、多くの人に共通するものがある一方、ある特定の食べ物や香水など個人によって異なるものもあるようです。
そのため、片頭痛を予防するためには、日ごろからストレスを溜め込まないように規則正しい生活を心がけることと、片頭痛を誘引するものを避けるために、どのような状況で片頭痛が引き起こされたのかを詳細に記録することが大切でしょう。

【予防方法】
・頭痛日記をつけて、片頭痛を引き起こしている原因(天気の変化・食べ物など)を突き止める
・マグネシウム、ビタミンB2、feverfewを摂取する
・規則正しい生活を心がける

一方、片頭痛がおきてしまったら、静かな部屋を暗くして安静にすごしたり、痛む部分をアイスパックで冷やしたりすると効果的なようです。

病院では痛み止めや吐き気をとめる薬による、薬物療法が中心ですが、薬に依存してしまうことを避けるため、医師の指導の下で服用するようにしましょう。
漢方薬も頭痛に対して有効である証拠が集まりつつあります。

(参考:日本頭痛学会「慢性頭痛の診療ガイドライン2013」)

(参考:大正製薬「片頭痛」)

欧米では片頭痛を含めた頭痛に対して「認知行動療法」の有効性が示されています。

認知行動療法とは、「現実の受け取り方」を見つめなおしてストレスを軽減させていく方法で、片頭痛の軽減率が32%~49%で、長期的にも高い有効性があるとされています。

(参考:日本頭痛学会「慢性頭痛の診療ガイドライン2013」)

ガイドラインでも精神的な緊張や疲れが片頭痛の痛みを増幅させる一因だとされています。

考え方・認識を変えていくことが重要なのです。

その他の特集記事はこちら