スマホの使いすぎで目は疲労困憊

治療院の掲載料0円

つらい目の疲れ、どうやってケアする?

最近目の疲れが取れない、ものがぼやけて見える、そんな目のトラブルを抱えている人が増えています。老眼かと思いきや、年齢的にまだまだ若かったり、一晩眠ると少しマシになったり。

 
原因として考えられるのはスマホの使いすぎによるいわゆる「スマホ老眼」です。20代や30代でも注意が必要なスマホ老眼、どのようにケアすれば良いのでしょうか。

スマホの使いすぎで目は疲労困憊

映画館


若者を中心に広がっている「スマホ老眼」は、加齢による老眼とは原因が異なります。

 
40代以降徐々に症状が現れやすい老眼は、水晶体という目のレンズの厚みを調節する筋肉が衰えて、ピントを調整できる幅が狭まってしまう状態です。水晶体自体も加齢によって弾力を失い、伸び縮みしにくくなることも関係しています。

 
一方、いわゆるスマホ老眼では、同じところを見つめ続けたことでピントを調節する筋肉が凝り固まり、動きが鈍くなってしまうことが主な原因です。目が極度に疲れた状態で、目の痛みやかすみにつながりますが、水晶体や筋肉が老化してしまったわけではないので目を休ませれば違和感は和らぐのが特徴です。

 
スマホの使用時間が長時間化していることが目を疲れさせている要因の一つです。文章を読んだり、ゲームをしたりすることに熱中すると目から近い場所で、一点を見つめ続けることになります。するとピントを調節する筋肉は緊張し続けることになるので疲れがたまりやすいのです。仕事でパソコンを使っていると、一日中目から近い距離を見続けることになります。デスクワークが多い人ほど目のケアは大切にした方がいいかもしれません。

 
スマホ老眼を防ぐために、一番大切なことは目を休ませることです。スマホやパソコンを見つめ続けていることに気がついたとき、窓の外など遠くに視線を移して、看板など読める文字をじっと見つめるようにすると、ピントを合わせる距離が変わるので筋肉の緊張を緩めることができます。

 
また、まぶたの上から目を温めるのも血液の流れが促進されて効果的。最近では目元を蒸気で温める家電が、疲れた目に気持ち良いと人気が高まっています。このようなグッズを使っても良いですし、入浴時にタオルなどを使って目元を温めるのもおすすめの方法です。

 
目の極度な疲労は眼精疲労につながって頭痛や吐き気を引き起こし、休息をとってもなかなか回復しなくなってしまうことがあります。少し疲れるという段階からでも、十分なケアを始めた方がいいでしょう。

 
○目に疲れをためない対策
・スマホを目から肘先1本分離す
・画面のロード時など、気がついたときに遠くを見つめ、看板などにピントを合わせる
・目を温める


目の疲れを呼ぶもう一つの要因「ドライアイ」


スマホ老眼と同様にスマホの長時間使用で陥りやすいのがドライアイの症状です。

 
ドライアイは涙の量が減ったり、涙の質が低下したりすることによって目の表面が乾きやすくなってしまった状態です。老眼と同じく加齢によって起こりやすくなるものですが、若くてもスマホやパソコンを長時間見つめて瞬きの回数が少なくなることで起こりやすくなり、日本でドライアイの可能性がある人は2,200万人にのぼると言われています。

 
目の表面を覆う涙の膜は目の乾燥を防ぐ他、目の表面に栄養を与えるなどの役割があり、この涙の膜が不安定になると目がかすんだり、目が疲れやすくなったりする原因になります。このような状態が慢性的に続くのがドライアイです。

 
ドライアイを防ぐには、スマホやパソコンを使用しているときまばたきの回数が減り過ぎないように気をつけることが大切です。適度に休憩を取り、ときには目をつぶって休めるようにしましょう。また、見上げる位置に画面があると目が乾きやすいので、スマホやパソコンのモニターは見下ろす位置に持ってくることがポイントです。また、目を温めることはドライアイ対策としてもぜひ取り入れたい対策です。

 
○ドライアイの対策
・コンタクトの使用時間はできるだけ短くする
・スマホやパソコンの使用時に意識して瞬きを多くする
・画面は自然に見下ろす位置にする。寝ながらの操作はNG
・部屋の加湿を心がける

 
ドライアイはなかなか自覚しづらいのが特徴です。まばたきを10秒間我慢できなければドライアイの可能性が高いとされているので、セルフケアを充実させるとともに一度病院で診てもらったほうがいいでしょう。いずれにしても、スマホの使用は程ほどにして、使い場合にもときどき目を逸らして休ませることを心がけましょう。


その他の特集記事はこちら