「あなたは何個当てはまる?」ぎっくり腰発症リスクチェック|整骨、整体、マッサージ。あなたの街の治療院がみつかる情報サイト | ヘルスケア セラッピー

治療院の掲載料0円

「あなたは何個当てはまる?」ぎっくり腰発症リスクチェック

ちょっとした動作がきっかけで、突然発症する「ぎっくり腰」。
いつ爆発するかわからない爆弾に例えられるこの腰痛、どのように兆候をつかめばいいのでしょうか。
カギとなるのは、発症前に現れる小さな身体のゆがみやちょっとした違和感。
わずかな芽を摘んでいくことで、リスクを大きく下げることができるのです。

びっくりする女の子

腰痛持ちはぎっくり腰になりやすい

ぎっくり腰の発症リスクは、日常的に腰痛に悩まされている人ほど高まります。
腰に負担がかかる姿勢や生活習慣など、共通する因子が症状を引き起こしているため。
まずは腰痛習慣の有無をチェックするところから始めましょう。

あなたの身体について
・反り腰、もしくは猫背だ
・太ってお腹が出ている
・身体が冷えやすい
・体が硬く、前屈で床に手が付かない
・腰痛やぎっくり腰になったことがある


あなたの生活習慣について
・身体が沈み込むような柔らかい寝具で寝ている
・朝起きたときに、腰が重たく感じる
・長時間座って作業することが多い
・座るときはあぐら、横座り、脚を組むといった姿勢を取ることが多い
・いつも同じ肩に鞄をかけている
・ごはんを1食抜いたり、深夜に夜食を食べたりなど、生活が不規則になりがち
・ストレスが多くイライラしやすい
・運動をする機会がほとんどない
・重たい荷物を運ぶ機会が多い
・ゴルフや野球など、体を1方向へひねるスポーツをしている

当てはまる項目が9つを超えた人はリスク大。

5つ以上でも、将来のリスクを減らすため対策が必要です。

心配する女の子

兆候は身体のゆがみとして現れる

腰痛のリスクが高いからと言って、必ずしもぎっくり腰を発症するとは限りません。
直接的に症状を引き起こすのは、組織に破たんをきたすほどの強い衝撃。
例えば、用意なく重たい荷物を持ったり、体をひねったりした瞬間にかかる強い力に腰周辺の筋肉が対応できなくなると、筋肉のけいれんや椎間板組織の軽微な損傷が発生し、激しい痛みがもたらされます。
筋肉のポテンシャルは、加齢とともに衰えるほか、骨格のゆがみがあることで発揮されにくくなってしまいます。身体のゆがみがたまっている人は特に注意が必要なのです。

身体のゆがみチェック
〇骨盤の左右のゆがみ
床に座り、脚を伸ばしてリラックスする。
つま先の角度が左右でバラバラだと左右でゆがみが生じている。

〇骨盤の前後のゆがみ
壁にお尻、肩甲骨、後頭部を付けて立つ。
腰の部分にできた隙間に、開いた手が入らなければ骨盤が後傾、握り拳が入るほど空いていれば前傾している。

〇筋肉の柔軟性
椅子に座り、下半身を動かさないように後ろを振り向く。
左右で振り向ける角度が異なるとゆがみが生じている。

笑顔の女の子

日常生活に潜むリスクをチェック

ぎっくり腰は、日常の何気ない動作の中で発症するケースが目立ちます。
どのような動作に危険が潜んでいるのかを知っておくことが、予防する秘訣。

〇歯磨き、洗顔
顔を洗面台に近づけて前かがみになる姿勢が危険。
膝を軽く曲げ、背筋をなるべく伸ばすようにする。

〇掃除
腰を曲げて掃除機をかける姿勢が危険。
胸を張った状態でできるようにホースの長さを調整する。

〇重い荷物を持ち上げる
膝を伸ばしたまま持ち上げるのは危険。
腰は曲げず、膝を折り、立ち上がるようにして持ち上げる。

〇咳やくしゃみ
勢いよく息を吐きだすときに発症しやすい。
咳やくしゃみが出そうになったら、壁やテーブルに手をついて反動を抑える。

〇車の運転時
運転中は長時間身動きが取れないので危険。
前かがみにならないようにシートとハンドルの高さをしっかり調整。
膝頭が股関節よりも高くならないようにする。


身体のゆがみは気が付いたときに解消を

現代型の腰痛やぎっくり腰を引き起こす最も危険な要因は、同じ姿勢を長い時間とり続けること。座りっぱなしや立ちっぱなしは、同じ筋肉ばかりに負担を蓄積して、伸縮バランスを崩す要因になります。
巷でいわれる「いい姿勢」とは、あくまで腰への負担が比較的少なく、腰の痛みが出にくい姿勢。腰痛のリスクがなくなるわけではありません。それよりもむしろ、同じ姿勢をとり続けないように心がける方が大切です。30分座り続けたら一度立ち上がって歩くなど、気軽に動き回って身体をリラックスさせることが、予防につながります。

身体のゆがみになる前に反対の動きを心掛けよう
〇前かがみの状態になるデスクワークが続いたら、伸びをして背中を反らす。
〇腰を反らして立つ状態が続いたら、椅子に腰かけ、頭を床に近づけ背中を丸める。
〇鞄をもう片方の肩にかけ替える。壁に手をつき、いつも鞄をかけている側の腰を伸ばす。

身体のゆがみはリラックスしてリセット
〇毎日欠かさず入浴する。ぬるめのお湯に15分は浸かりたい。
〇心地よい音楽や、好きな香りで心を落ち着ける。

整骨・鍼灸を積極的に利用して
身体のゆがみは早い段階であればあるほど、元に戻しやすく、対処も簡単。
ぎっくり腰に発展する前に、身体のどこに問題があるのか指摘してもらうと効果的です。
そうした問題点の洗い出しと改善を同時に行ってくれるのが、整骨院や鍼灸院。
「何かあってから」はもちろん、「何か起きる前」に相談してみるのもいいかもしれません。

治療院一覧

金剛整骨院

当日予約可能駐車場あり

【診療時間】
月~金
午前診      8:30~12:00
特別診療(予約制) 13:30~16:00
午後診察     16:00~20:30
※土曜日は~12:00まで特別診療のみ。12:00以降は応相談させて頂きます。
・午前診、午後診は保険適応(健康保険・自賠責保険)となります。
・特別診療は30分単位の予約制自費診療です。手技のみの長時間施術となります、

住所

大阪府大阪狭山市金剛1-1-1

最寄り駅

南海高野線「金剛」駅 徒歩1分

あすなろ整骨院

当日予約可能

【営業時間】 午前8:30~12:30/午後14:30~19:00
【定休日】  日曜、祝日、土曜午後

住所

長崎県長崎市栄町6-1

最寄り駅

長崎電鉄 賑橋電停徒歩1分

みどり整骨院

当日予約可能駐車場あり

【診療時間】
月~土 9:00~12:30 15:30~21:00
※ただし火曜日は午前休診

【休診日】火曜午前・日曜
※急患・交通事故の場合は時間外でもご相談ください
午後の受付は20:30迄です

住所

福岡県久留米市日吉町114-5

最寄り駅

西鉄久留米駅