リタイア後に要注意!爪水虫ってどんな病気?|整骨、整体、マッサージ。あなたの街の治療院がみつかる情報サイト | ヘルスケア セラッピー

リタイア後に要注意!爪水虫ってどんな病気?

かゆくない水虫の代表例が爪水虫です。

治療が難しく、いつまで白癬菌をばらまき続けて家庭内感染の温床にもなってしまう爪水虫。

なんと日本人の10人に1人が感染しているといわれています。

予防法は指の間の水虫を放置せず、なるべく早くに治すこと。

爪の奥にまで侵入すると塗り薬だけでは治りません。

10人に1人!爪水虫ってどんな病気?

爪水虫の写真。このように爪が変形してもろくなります。

水虫は白癬菌というカビの一種が、皮膚の角質に入り込んで感染を起こす病気です。

白癬菌はケラチンを栄養にして生きているため、皮膚だけではなく、爪や毛など、ケラチンが多く存在するところならどこでも感染する可能性があり、特に爪の中に入り込んだものは「爪水虫」とか「爪白癬」などと呼ばれています。

爪水虫は指の間や足の裏で起こる足水虫を繰り返し起こしているうちに爪に白癬菌が入り込んでしまったもので、爪が白や黄色に濁り、ぼこぼこと波打って分厚くなり、感染が進むと爪の先端部分がボロボロになってしまいます。

爪が分厚くなることで靴の圧迫を受けて指が痛むことがある他、巻き爪を引き起こす原因になることもあります。

ただしかゆみはなく、また爪が水虫になることを想定している人があまりいないことから、水虫だとは自覚できずに見逃してしまう人が多いようです。

しかし、日本皮膚科学会のHPによると、爪水虫は日本人の10人に1人が感染しているという疫学調査の結果も報告されていて、指の間にできる水虫と並んで非常に身近な病気なのです。

一年中治まらない!爪水虫は家族の感染源に

白癬菌は食品に発生するアオカビなどと同じ真菌であり、高温多湿の環境を好むため、梅雨から夏にかけて足水虫の症状は活発になり、冬になると増殖が止まるため症状が治まります。

しかし、爪の奥深くに入り込んだ爪水虫には季節はあまり関係がなく、一年中症状が出続けます。

また、ごく初期のものを除いて、爪に入り込んだ白癬菌には水虫の塗り薬が浸透しきらず、十分な効き目を発揮しません。

そのため治療が非常に難しく、長期にわたって白癬菌をばらまき続けるため、指の間や足の裏の足水虫の再発リスクを高めてしまうだけではなく、家族内感染の重大な感染源になってしまいます。

爪水虫はたとえかゆみがなくとも、しっかりと治療する必要があるのです。

爪水虫は飲み薬による治療が必要

爪水虫は爪の表面が白っぽくなるところから感染が始まります。

この段階では、爪の表面を削りとって入念に塗り薬タイプの水虫薬を塗っておくことでそれ以上の感染を予防することができます。

しかし、症状が進行し、爪の色が白から黄色に濁っていたり、縦に波打っていたりする状態では、爪の奥深くまで白癬菌が感染しているため、塗り薬だけでは治らず、経口薬による治療が基本になります。

飲み薬には経口抗真菌剤の『イトラコナゾール』や『ラシミール』が良く用いられます。

これらの内服薬による治療を数カ月行い、さらに感染している爪を取り除けば爪水虫であっても多くの場合で治療できるとされています。(日本皮膚科学会HPより)

こうした爪水虫の治療と並行して、ほかの部分の再発を治療・予防していきましょう。

日常生活では次の3点が最も重要な対処法です。

〇小まめに足を洗う

足水虫と同じく、水虫対策の基本的は足を清潔に保つことです。

外出先から戻ったら必ず足をせっけんで洗うようにしましょう。

軽石などを使ってごしごし洗ってしまうのは、皮膚に細かい傷を作っり水虫を作りやすくしてしまうので避けましょう。

〇風呂上りに足首から下の全体に水虫薬を塗る

水虫の塗り薬を塗るのは古い角質が落とされた風呂上りが最も効果的でしょう。

爪水虫があるということは、足水虫を繰り返し、足の広い範囲に白癬菌の感染が広がっている可能性が高いということです。

爪や指の間だけではなく、くるぶしから下の広い範囲に塗ることをお勧めします。

また、一見治まったかのように見えても角質が新しいものに置き換わるまでは再発の可能性が残るため、少なくとも1か月は塗り続けたほうがいいでしょう。

〇通気性のいい靴をはき、足を蒸れさせない

白癬菌は高温多湿の環境では活発に活動して増殖します。

足はなるべく乾燥させておくことが最もよく、足が密閉される靴を履く時間はなるべく短くしましょう。

通勤用と職場用に靴を分け、職場ではサンダルを使うということも効果的です。

また、家ではなるべくはだしで過ごすか、5本指ソックスを使うと再発の予防につながります。

さらに家族内感染を予防することも大切です。

次のようなことに気を付けましょう。

〇足で踏むものを共有しない

共有している足ふきマットやスリッパにはほとんど間違いなく白癬菌が潜んでいます。

家族間で共有せず、また小まめに選択するようにしましょう。

〇小まめに掃除をする

白癬菌はケラチンがあるところではどこでも生きていけるため、床に落ちているあかや髪の毛にも潜んでいて、しかもその状態で1年以上生存している可能性があります。

幸いにしてあかや髪の毛は掃除機で取り除けるため、小まめに掃除をし、部屋の換気を行ってよく乾燥させましょう。

〇家族全員小まめに足を洗う

白癬菌が足に付着してから感染するまでは少なくとも24時間はかかるといわれています。

たとえ白癬菌を足につけてしまっても、感染する前にせっけんで洗えば水虫になることを防げます。

小まめに足を洗いましょう。