「五月病」?いいえ、「四月病」です

治療院の掲載料0円

春の不調の原因、四月病とは?

新年度が始まって早くも何日か経ちました。新しい環境で新たなスタートを切ったという人も、そろそろ慣れ始めて一息つけるようになってきたのではないでしょうか。

 
でも、緊張の糸が緩むこの時期、体と心の不調を訴える人も多いようです。その不調とは「四月病」。「五月病」とよく似ているけど、少し違うところもあるようです。いったいどんなものなのでしょうか。

「五月病」?いいえ、「四月病」です

映画館


「五月病」という言葉が広く知られています。大辞林で引いてみると、『四月に入った大学新入生や新社会人などに、一か月を経た五月頃に見られる、新環境に対する不適応病状の総称。』という説明があてられています。

 
具体的には、新しい環境になかなかなじめず「やる気が出ない」「仕事に行きたくない」と気持ちがふさぎがちになる症状が典型的な五月病です。慣れない環境の中ようやく4月を乗り切ったかと思えば、間髪置かずにやってくる大型連休。緊張の糸がぷつりと切れてどっと疲れを自覚しやすくなることがこの時期の心の不調を発症させやすくしているといわれています。

 
その五月病とよく似た症状を1か月前倒しで発症してしまうことが「四月病」として注目されています。四月病を辞書でひいても出てきませんが、どのようなものかというと基本的には五月病と同じように「やる気が出ない」「集中力が続かない」と気持ちが落ち込みがちになることが特徴で、じわじわと表れて悪化していく傾向があるようです。

 
やはり発症のきっかけになるのは環境の変化が最も大きく、慣れない変化についていけなくなると心の不調として表れます。とくに高い理想を持って新しい環境に踏み出した人、あるいは人一倍真面目な性格の人が、自分のスキル不足や現実とのギャップに苦しめられてふさぎがちになるケースが目立ちます。しかし、4月ならではの特別な要因も関係しています。それは温度の急激な変化です。

 
4月はまだまだ寒い冬の空気と、暑さを感じる初夏の空気が日本の上空でせめぎあっている季節。どちらかに傾けば日替わりで気温が大変動してしまうことも珍しくはありません。短い期間で気温が大きく変わってしまうと、人間の体は体温調整が追いつかず、心身の不調として表れやすくなってしまうのです。

 
ですから、四月病はその年の天候もかなり影響しているので、五月病に比べると流行した年とそういでない年がはっきり分かれるかもしれません。(といってもきわめて新しい言葉ですから過去の流行を調べる術はなさそうです。)ちなみに2018年は温度変化が特に大きかった年。桜の上に雪が積もるといった珍事が2週に渡ってニュースになりました。四月病の大流行が心配されます。


四月病を乗り越えるには?

座席


四月病にならないためにはどうすればいいのでしょうか。まずは自分の好きなことをして気分転換をすることが一番です。運動が好きな人は身体を動かす、旅行が好きな人は出かけてみる、ゲームが好きならば家でゲームをするといった風に、自分にとって一番ストレスがない娯楽を楽しむことです。

 
四月病を予防するポイント

○自分が好きなことをする

気をつけなければいけないのは、人と同じことをやっても必ずしもストレス解消にならないということ。運動が苦手な人がスポーツに挑戦しても、それは新たなストレスのタネになりかねません。あくまで、自分にとって一番心地よい趣味を楽しむことがポイントです。

 
この時期、平日も休日も忙しいという人が多いかもしれませんが、緊張の糸が張りっぱなしでストレスが発散できないでいると、それだけ後から大きな気持ちの反動がやってくることになりかねません。四月病は真面目な性格の人ほどなりやすい傾向がありますが、発散することも自分のためだと思うようにすることが大切です。

 

○十分な休息をとる

そして、こうした娯楽は睡眠時間を侵食してまで行うべきではありません。四月病や五月病といった「適応障害」は、心のスタミナ切れだと捉えるとわかりやすいものですが、心のスタミナを回復させてくれる最も大切な要素は睡眠です。必要な睡眠をとることでストレスの度合いが軽減されることもわかってきています。従って、昼間に眠気を感じない程度の睡眠時間を確保するようにしたいものです。

 

○余計な決断は切り捨ててエネルギーを浪費しない

慣れない環境では何をするにもはじめての挑戦。一挙一動が決断の連続だといっても過言ではありません。全ての決断を人任せにするということも過大なストレスの源ですが、逆になんでも自分で決めなければならないという環境も精神的にかなりの重圧です。

 
4月は自立の季節。新たな環境で決断の多さに疲弊してしまうという人も多いはず。例えば「○○があったら、○○をやる」という風に、行動のきっかけを外に求めることもたまには試してみてはいかがでしょうか。


4月の過ごし方が五月病の発症を左右する

座席


四月病も五月病も一過性の症状で適度な休息をとれば次第に解消されることがほとんどです。しかし、四月病や五月病をきっかけにうつ病を発症して気持ちの落ち込みが長引いてしまう可能性もあり、経過には十分注意する必要があります。

 
四月病を予防する試みは、1か月後に待っている五月病を予防することにもつながります。せっかく進んだ道で後悔しないように、今日から心がけてみてください。


その他の特集記事はこちら